スマホ修理を非正規店に依頼する際の注意点

信頼性の高いお店の見極め方について

電話やメール対応がきちんとしている事

このコラムをシェアする

きちんとした書類があるか

まず、スマホを非正規店にお願いするとして次の事によく注意をして欲しいのです。
最初に店員にスマホを渡すと思うのですが、そのままスマホを預けるのは不安な人が多いはずです。
良い非正規店では、スマホをお客様から預かると同時に、個人情報の漏えいを防ぐ為の書類にサインを求めるはずです。

大切なパスワードを聞かないとスマホの中身まで見る事が出来ない場合もあるので、情報が漏れない為にはそのパスワードを入力して調べないといけないのです。
パスワードも修理の為だけに利用するので終わったら破棄する事がほとんどですが、中には悪質な犯行に及ぶ店員もいるらしくいろんな人の個人情報を入手して売る事で、お金を稼ごうと考える人もいるのだそうです。

目の前で個人情報を破棄してくれる事

やっとスマホの修理の電話があなたの元に来たとします。
その際にはお店に行って受け取る場合もあると思います。
前の記事でも紹介したと思いますが、パスワードを入力しないと修理が出来ないケースもあると言う事を説明したと思います。

そのパスワードをきちんとお客様の目の前で破棄していると言うフレーズがお店にあるのかどうかを見てみるの悪質な非正規店に引っかからない為の一つの手だと思います。
中にはもう、パスワードの破棄をしているとお客様にうそを言って破棄せずに保存をしているお店もあるみたいです。
そうしたパスワードの破棄を目の前でしているかまたは、郵送で修理が完了したスマホを届ける場合があると思うのですが、その際にもその書類を添付しているかどうかを店員に尋ねてみるのも良いでしょう。
郵送の場合だと、ネットでやりとりをする事になると思います。